内祝いにもおすすめの風呂敷を通販で購入

内祝い、という言葉をご存じでしょうか。
もともとは、結婚や出産や入学など、おめでたいことがあった家庭が、
親しい人に対して宴席を設けたり、贈り物をすることをいいます。女性に

現在では、お祝いの品物をいただいた人に対して、
こちらからもお返しの品物などを
お贈りすることをいいます。

さて、その相場ですが、一般的には、いただいたものの
1/3~1/2がふさわしいとされています。
ですが、頂戴した品物も様々でしょうし、人ごとに
値段に合わせた贈り物を考えたりするのも大変です。

手提げ包みそこでおすすめなのが、風呂敷です。
かさばらず、高級そうなイメージもあり、
いろいろな用途があるので、使いやすいです。

それに風呂敷が、あらゆるものを包む
という姿は、おおらかな包容力や
賢明な適応力を感じさせます。

縁起のいい贈り物には最適といえるでしょう。
あまり馴染みがない、という方も、通販を使えば安心です。

通販サイトを開くだけで、予算に応じた、色とりどりの
風呂敷を選ぶことができるでしょう。

内祝いとは?内祝いの種類と品物選びのポイント

内祝いにはいくつかの種類がありますが、元々は内輪のお祝いを能動的に行うものです。それが現代ではお返しの意味合いを持つようになっているため、受け取った額を基本にしたものを選びます。

よくあるのが結婚祝いで、引き出物が相当しますが、それを渡すことができなかった相手に対して贈ります。
そして出産内祝いでは生まれた子どもの名前を添えるなどしても良いでしょう。
あくまでも内輪でのお祝いなので、喜ばしいことを前面に出すことができるからです。

入院などでお見舞いを受け取った時の贈り物も内祝いのひとつです。
また中には新築内祝いで招くなどの行為を、贈り物の代わりにすることもあります。

基本は相手が喜ぶものが望ましく、風呂敷以外にも適した品物がいくつも候補に挙げられます。
特に限定はされていませんが、内祝い全体であまり送るべきではないものもあるので注意が必要です。ありがちなのが現金をそのまま贈り返してしまうことで、数字が絡んでしまうのでマナー違反になります。
その他にも踏みつけを連想させる靴であったり、イメージや語呂的に縁起の良くない刃物や櫛などが挙げられます。親しき中にも礼儀ありということで、しっかり考えなければなりません。

そして贈り物として万能なのはカタログギフトで、相手に選んでもらえるのが強みです。
内祝いに使用することを想定してあるものも多いです。
そうすると迷惑になることがほとんどなく、喜んでもらえることでしょう。